どんな特徴があるのかそれぞれ調べてみよう

小顔へのあこがれ

注射器

小顔になる方法を紹介

自分の顔にコンプレックスを持っている人はかなり多いです。その中でも、大きな顔を小顔に見せたいと本気で考えている人は少なくありません。顔の肉を落とすためにダイエットを頑張っても、なかなかイメージ通りにならないと悩んでいる人もいるでしょう。美容外科では小顔になる方法を、利用者のニーズに合わせて提供しています。もし顔についている脂肪を解消して、スッキリしたフェイスラインを作りたいならば、頬脂肪吸引と呼ばれる方法があります。頬脂肪吸引とは、余分な脂肪そのものを吸い出してしまう手術のことです。仙台の美容外科では、専門の技術を持った医師がゆっくりと時間をかけて丁寧に脂肪を吸引してくれます。頬脂肪吸引の施術時間は、両側の頬でおよそ30分程度です。頬脂肪吸引することで、フェイスラインが自然に引き締まるうえに、頬のたるみをなくすことで、実年齢よりも若い印象を与える効果も期待されます。ではどのようにして脂肪を吸い出すかといえば、専用のカテーテルを使用して行います。耳の脇からカテーテルを挿入して、余分な脂肪を吸い出します。使用するカテーテルは直径が1〜2mm程度ととても細く、傷がほとんど目立たないという利点があります。さらに痛みもあまりないので、体にかかる負担は少ないです。気になる頬脂肪吸引の費用は、1部分200,000〜400,000円が相場といわれています。半永久的な効果が得られる分、費用は高めになる傾向です。仙台にある美容外科の多くは、相場とほぼ同額の費用で頬脂肪吸引を行います。カウンセリングでしっかり説明を聞いてから施術を受けると良いです。

全国各地に美容外科クリニックがありますが、東北地方では仙台を中心にクリニックが集まっています。もし「○○美容外科仙台院」という名前のクリニックであれば、東京や大阪など全国展開しているケースがほとんどです。このようなクリニックでは、最先端の美容外科技術を積極的に導入していることが多いので、仙台にいても質の良い施術を受けることが可能です。ところで、小顔になる整形術に関心を持つ人が多いですが、えらが気になる人にはボドックス注射が適しています。ボドックス注射の中身は、ボツリヌス毒素が作り出すタンパク質の1つです。毒素というととても怖いイメージがありますが、正しく使用すれば薬として効果を発揮します。ボドックス注射は、筋肉を支配する神経に取り込まれて、その神経をマヒさせる働きがあります。すると、その筋肉は委縮されて、やがて退化して盛り上がりがなくなってしまいます。その結果、ほっそりとした顎へと変化するのです。この原理は、長期間つけていたギブスを外すと、その部分の筋肉が痩せているのと同じです。ボドックス注射の注入自体、数分程度で完了するため非常に手軽です。注入後は徐々に顎ラインが細くなっていくため、周囲には美容整形していることが気づかれにくいというメリットがあります。そして2〜3週間もすれば、スッキリした顔へと印象が変わっていくでしょう。気になる継続期間は3〜6ヶ月程度です。最初のボドックス注射で効果を感じた人の多くは、その後繰り返して注射を受けることが多いです。繰り返すことで効果の持続期間が長くなるといわれています。

Copyright© 2020 どんな特徴があるのかそれぞれ調べてみよう All Rights Reserved.